2019年01月

2019年01月30日

サンバイオはまだ終わっていない気がする。

http://kabukabu-chanman.net/archives/15348868.html
36. totochan 2019年01月30日 16:55
今回のIRを熟読しました。
これは、以下を示唆するものと、個人的には推測しています。
サンバイオについては、慢性脳梗塞速報結果を受けて、

第3相試験のデザイン決定も視野に入れた治験を再検討することは、十分考えられる。

FMMSの改善ポイントの見直し(FMMS10ポイントに拘らない)、あるいは、より今回治験実態にあった、評価体系再構築。

計画の事後的変更を許容するデザインの採用。
こうした、見直し作業を実施して、巻き直しを図ることは、十分考えらる。

実際にそういう事例がある。
2017年12月にエーザイは「BAN2401」の試験の中間12カ月時点の解析結果を発表しているが、主要評価項目で未達だった。「最終結果も期待できない」。市場は敏感に反応し、中間結果発表の翌日に、エーザイ株は約15%も下落した。
エーザイが後日2018年7月6日に米バイオジェンと共同開発中のアルツハイマー型認知症(AD)治療薬の一つ、「BAN2401」の臨床試験第2相の最終18カ月の解析結果が良好だった、というリリースを出す。

リリースを受けて、2営業日連続でストップ高。エーザイ株が約4割の急騰劇を見せた。
BAN2401の第2相試験結果には以下のような特徴があった。

BAN2401における有効性の存在を証明し、来るべき第3相試験のデザインを決定することを主な目的とする第2相試験であること→第3相試験のデザインを決定することを主な目的とする

② ADCOMSという、新たな臨床エンドポイントを採用し、試験における「成功」を実薬群のプラセボ群比25%以上の改善と定義していること。
 →独自の評価体系を構築した。

③ ベイズ法に基づいたアダプティブデザインを採用していること。→計画の事後的変更を許容するデザイン
サンバイオは終わっていないと思います。


*Kちゃんまんさんのコメント欄より。

-------------

自分は直感的に、サンバイオはまだ終わってないと思っている。。


株のブログランキングはこちら↓
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

株式長期投資ランキング



g0mao2 at 20:29|PermalinkComments(0)株日記 

2019年01月29日

「菊川怜」との結婚後に養育費ストップ 誠意なき「実業家夫」の元愛人への振る舞い

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190129-00555717-shincho-ent&p=1


1/29(火) 8:01配信 デイリー新潮

新潮がまた報道しているね。新潮は女性側の言い分を主に記事を書いているわけ。両者の言い分を総合して、裁判所が判決を出す。

週刊誌の記者もこういう記事を書くのが仕事だから、機械的に記事を書いているだけだと思う。

こういう週刊誌の記事も、フォーマットみたいなものがある程度あって、それに則って書いているだけなんだと思う。こういう記事を書くのが仕事なんだから・・。


どちらにせよ、この記事が自分の投資判断に影響を及ぼすことはありません。

株のブログランキングはこちら↓
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

株式長期投資ランキング




g0mao2 at 19:59|PermalinkComments(0)株日記 

マネーフォワードは公式サイトに芸能人起用

Zaimのコンペチターであるマネーフォワードは公式サイトに芸能人起用。

公式サイトをみたときに、芸能人を起用することで多額の広告料がかかっていると思った、私。

芸能人が広告になっているので、信頼できると思う層もいるのだろうけど・・。

新興ネット企業は、広告費に金をかけると失敗すると聞いたことがある。

SnapCrab_NoName_2019-1-29_0-18-35_No-00
SnapCrab_NoName_2019-1-29_0-18-54_No-00

SnapCrab_NoName_2019-1-29_0-19-28_No-00

カカクコムは広告宣伝費をけちっている。無論、くふうカンパニーもその路線のはずである。





SnapCrab_NoName_2019-1-29_0-21-26_No-00
株のブログランキングはこちら↓
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

株式長期投資ランキング


g0mao2 at 00:23|PermalinkComments(0)株日記 

2019年01月26日

読書「副島隆彦 新版 決然たる政治学への道」 kindle読み放題



<一部引用>
 朝鮮使節に対して、当時の江戸時代の、日本の文化人や知識人たちが取った態度は、きわめて卑屈なものだった。朝鮮使節は、外交官であり、高級官僚だったが、同時に儒教を修めた高い教養の文化人でもあった。だから当時の日本文化人(=漢学者、儒学者、「文人・墨客」)たちは、彼ら使節一行が、日本国内で到着する先々の宿場町の宿ごとに待ち受けて、列を成しお金を包んで夜押しかけて、自分の書いた下手くそな漢詩を、彼らに添削してもらっていたのである。それが当時の日本文化人の水準であり、行動様式だったのだ。

 新井白石は儒学者として国内一流で、かつ、文人政治家として当時、一六九〇年代の国内最高の秀れた能力を持っていると見倣されていた。この新井白石でさえ、若い時には、それをやっている。朝鮮使節から自分の漢詩集に跋文(推薦文)をもらって有頂天だった。それほどに、東アジア文化圏における儒学・漢詩文化というものは序列のはっきりとしたものだった

 このような日本のインテリたちの惨めな振る舞いは、今で言えば、ドイツやフランスの一流知識人や思想家が来日した時に、押しかける日本人の学者や知識人たちのそれと全く同じだ。一九六六年にジャン・ポール・サルトルが来日した。サルトルは、「私が理解出来たのは丸山眞男のドイツ語と、加藤周一の英語だけだ。あとの人は何を言っているのか分からなかった」と、語っている。
<一部引用>

 朝鮮使節が来日したときに、日本の儒学者が自分の漢詩の添削をしてもらっていたとは・・。


株のブログランキングはこちら↓
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

株式長期投資ランキング


g0mao2 at 22:27|PermalinkComments(0)読んだ本 

2019年01月25日

週末雑感2019.01.25

SnapCrab_NoName_2019-1-25_19-37-36_No-00

SnapCrab_NoName_2019-1-25_19-37-48_No-00


トピックス
・zaim中国銀行と API 正式連携開始

売買
・くふうカンパニー買い増し。
・マネックス、ファーマフーズ売り切り。マネックスは短期値動きが期待はずれだったため。ファーマフーズは誤発注。
・ピーバン、テンポノイノベーション枚数調整。
・東映アニメ、ユニマットRC買い。パクリ銘柄。


株のブログランキングはこちら↓
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

株式長期投資ランキング


プロフィール

サラリーマン投資家。
くふうカンパニー長期投資で大膨張します。

旧ブログはこちらです。
記事検索
スポンサーリンク
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: