2019年01月20日

読書「日本の秘密」 副島隆彦 kindle読み放題



<引用>
私は、長い間考えた末に、日本のようなアジアのはずれの国に、世界に先駆ける何か新しい秀れた大思想など生まれることは、ありえないのだ、という結論に到達した。三十歳ぐらいの時である。

イギリス、フランス、アメリカでまだ実現していないものが、日本ごときで実現するはずがないのだ。私は、人間社会のあり方に於て、こういう進化論者(時間進歩主義者)である。

日本の知識人がやること、考えること、書くことなんか、全て、一切合切、輸入学問であり、欧米知識人の猿真似である。そうでしかありえない。

奈良・平安時代も室町時代も江戸時代も、ずっとそうだった。ずっと歴代の中華帝国で栄えた思想・宗教の輸入学問であった。私にとっては、これはもう確信だ。

日本の伝統──それは、文化の劣性遺伝子だ、と吉本隆明が書いていた。あの頃の吉本だったら、私は今でも信じている。
<引用>

副島氏はトンデモ扱いされてるけど、大きな世界史の流れを理解しているとは思う。日本の歴史において、日本の伝統が前面に出されるときは、国家は大変な危機的状況であることが多いと思う。

明治維新の陰謀論も副島氏が発端なのかな。坂本竜馬がグラバー商会の手先だったとかいう。

株のブログランキングはこちら↓
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

株式長期投資ランキング

g0mao2 at 21:05│Comments(0)読んだ本 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

サラリーマン投資家。
くふうカンパニー長期投資で大膨張します。

旧ブログはこちらです。
記事検索
スポンサーリンク
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: